Melting Snow

<< まあいろいろあった。 | main | まっさーお >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
君、まだ生きてたの?
と言われても差支えが全く無い位に放置しておりました訳ですが。三月かー。
ええ、一応は生きております。
また適当に書き始めますので、お暇な方はどうぞ。



とりあえずこの三ヶ月であった事。

・外付けのHDDが破損。

コタツで寝てたら怖い夢見て跳ね起きてコタツの天井に足が当たって上に置いていたHDDが倒れました。
データは無論サヨナラ。


「と言う間抜けな事をしてしまいました(´Д`)」
「バカだね( ´_ゝ`) 」
「なんか慰めてくれよ(´Д`)」
「バカだね( ´_ゝ`) 」
「……(´Д`)」



キライだ(´・ω・`)



・仁さんと何回か飲んだ。

既に仁さんは広島に帰って転職も完了してますので何を今更と言う感じですが。
えと、仁さんがまだ京都にいるときの話です。
基本は日曜、場所は河原町、そして突然。
広島に帰るまでに2〜3回適当にメールが来て適当に都合を合わせて河原町に行って寿司食ったり串かつ食ったり酒飲んだりしておりました。
毎度楽しく飲んでたのですが、一番印象に残ってるのは03/01のサシ飲み。
ステキに飲んだワタクシ達は今まで一度でも会った事の有る人に電話をかけてみました。

まずは歩け兄さん。書いてて懐かしい(´ω`)
もう3年近く会ってないんだよなぁ、とふと思う。

「はろー?(´Д`)」
「はろー。」
「この電話は現在(´Д`)」
「そっちからかけてきて尚且つ挨拶を交わした後でそのネタは人としてどうかと思うなぁ。」
「正論だ!(´Д`)」
「俺はいつでも正論しか言わんよ。まあ、久々だのう。」
「ええ、久々ですね。ところで、今お時間宜しいでしょうか(´Д`)」
「今日も今日とて残業でさっき帰ってきたばっかりで、明日も朝から仕事だけど、時間がないことも無い。」
「ああそれはよかった。とどのつまり全然暇って訳ですねよかったー(´∀`)」
「君はもう少し遠慮と言う言葉を学んだ方がいいと思う。」
「なにそれ、どこの宇宙言語?(´Д`)」
「死ねば。」
「嫌です(´Д`)」


と、まあお決まりの会話をした後に夏の予定を聞いてみるとする。


「ところで、来年の話をすると鬼が笑うと世間一般では言われておりますが(´Д`)」
「言われてるねえ。」
「今年のことなので聞いてみる事にします。夏の予定はどうですか(´Д`)」
「気が早いよ! と言うか前フリが謎だよ!」
「俺流(´Д`)」
「傲慢で傍若無人で最悪な言葉だな。」
「そんな誉めんなよ(´∀`)」
「阿呆。」
「まあ、どうすか?(´Д`)」
「あー、正直わっかんねー。」
「そりゃそうですな、俺だってわかんねー(´Д`)」
「……それを分ってるなら何故聞くかね、君は。」
「んー、社交辞令ってか恒例ってか(´Д`)」
「ダメだコイツ。」
「まあ、余裕が有るなら来て下さいよ、そろそろ大台に手が届きそうな年齢だからって誰もバカにしないよ?(´∀`)」
「うわー、すっげーやなやつー。」
「ハハハハハハ(´∀`)」
「……ああ、そうだ。」
「お、どうかしましたか(´Д`)」
「君が来ないって言うなら行くとしようか!」
「あーそれはいいアイディア。幹事は藤堂君に任せておけば問題ないですね(´Д`)」
「もう少し嫌がれよ。」
「気にすんなよ(´ε` )」
「俺、年上だよなぁ?」



まごうことなく年上です。しかもいい人!(・∀・)



次に日和さんに電話。したけどでない。


「コイツ舐めてるよね(´Д`)」
「まあまあ、仕方ないですよ(゚д゚)」


とやんわり自分をたしなめる仁さんだが

(いつか会うことがあったら殺っちゃいましょうか(゚д゚))

と心の中で思ってたに違いないよ! 多分!



あ、因みに時間はそろそろ日付も変わるよ? って時間。




最後に豆君。


「もしもし(´Д`)」
「……もしもし(´□`)」
「ああ、ひょっとして寝てたのかい?(´Д`)」
「ひょっとしなくても寝ておりました(´□`)」
「何だその口の利き方はー!(´Д`)」
「逆ギレ!?Σ(´Д`lll)」






アレだよね、終わってるよね色々な意味で。
分ってるけど止められないんだよなぁー。



まあ飲み屋を出た後は当然終電も終わっている時間なのでネットカフェに。
仁さんは疲れていたらしく途中で力尽きるが、自分はそれなりに元気だったので砂ぼうず全巻と暴力株式会社を読破。
昔の劇画って色んな意味で面白いなぁ。パワーがあると思う。


夜が明けてからは朝マクドで軽く腹を満たしてから解散。


いつもいつも誰かと会う度に思うのだけれど、話したい事は沢山有るんだけど、時間がなくて話せなくて歯痒い思いをしていたのですが、短いスパンで会って話したので、今回の連続サシオフは非常に満足。次は夏かなぁ。





しばらく本屋に行ってなかったので何か新刊が出ているか覗きに行ったらあるわ有るわで9冊購入。
ホクホク顔で家に帰って藤堂君と会話。

「新刊が沢山出てたよ、嬉しいね!(´∀`)」
「……君はもうダメだ!( ´_ゝ`) 」
「な、なんでΣ(´Д`lll)」
「昔の君は一日一度は本屋に寄って新刊を捜す飢えた狼だったはずだ!( ´_ゝ`) 」
「いや、それ俺が本屋でバイトしてたから(´Д`)」
「……( ´_ゝ`) 」
「……(´Д`)」
「まあ、そんな事はどうでもいいか( ´_ゝ`) 」
「いいんだ(´Д`)」




いいんだ(´Д`)







何かコレを書いてると外から歌が聞こえてきたので耳をすませてみる。


「あ〜かあ〜おきいろの〜いっしょ〜うをつ〜けた〜」


朝っぱらから何故てんとう虫のサンバなんだろうか(´Д`)
| calm | 日記 | 06:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 06:53 | - | - |









http://calm-smoker.jugem.jp/trackback/12
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

このページの先頭へ